1. ホーム
  2. 性器ヘルペスとは

性器ヘルペスとは

性器ヘルペスは、クラミジア、淋病の次に多い性感染症です。
主に性行為を介して感染しますが、ごく稀にタオルや便座などを介して感染する場合もあります。

性器ヘルペスの症状

症状としては、性器にただれや水ぶくれなどが現れます。

【女性の発症】
女性が初めて発症すると、高熱が出たり、患部は痛みを伴い、排尿、歩行に支障をきたす場合があります。

【男性の発症】
男性が初めて発症すると、患部にかゆみ、違和感が起こります。ペニスの先から膿が出たり、太もものリンパ腺が腫れ上がったりします。

男女共にまれに痛みなど自覚症状がない場合もあります。
この場合は自分が感染していることを知らないまま移してしまう危険があります。
この事が感染を広げている原因でもあります。

また、大きな特徴は、薬で治療を行ってもウイルスを死滅させるには至らず、再発を繰り返します。1年以内の再発率は80%と非常に高いです。

再発する場合は、男性も女性も初めて発症したときに比べれば重くありません。
しかし、現代の医学では1度感染すると体内からウイルスを取り除く事はできず、治療と再発を何度も繰り返す事は、肉体的、精神的な苦痛は大きくなってしまいます。

感染した場合、十分な睡眠時間の確保やバランスのとれた食生活、体を冷やさないなど、体力を低下させないように注意する必要があります。

なお、妊娠中に感染したり再発した場合、流産や早産を引き起こしてしまう場合があります。
また、万が一出産の時に感染すると、乳児が産道感染を起こし、新生児ヘルペスとなる可能性が高いです。
新生児ヘルペスになると、死亡率は80%以上と非常に高い為、妊娠中に感染したら帝王切開で分娩する事が勧められます。

治療の中心は抗ウイルス薬の投薬になります。
バルトレックスなどを服用することで、約10日ほどで治癒しますが、重い場合は、他の薬を処方される場合があります。

また、性器ヘルペスは、肛門やお尻や太ももなどの避妊具がカバーできる以外の場所にも発症するので、皮膚の接触で感染する可能性があります。
避妊具だけでは完全に予防できないので、症状が現れている間の性行為は控えましょう。