バルトレックスとは

バルトレックスとは、単純疱疹や帯状疱疹、水ぼうそうの治療や性器ヘルペスの再発抑制に利用されるお薬です。
これらの病気の共通点としては、ウィルスが皮膚や粘膜に悪さをして、発疹ができたり、水ぶくれが起こり、痒みや痛みを生じさせます。
場合によっては発熱などの症状も伴います。
バルトレックスを服用すると、有効成分であるバラシクロビル塩酸塩が抗ウィルス作用を持つアシクロビルという物質に変化し、ウィルス細胞内で活性化します。
これにより、ウィルスが増殖するメカニズムであるDNA鎖の伸長を食い止め、ウィルスDNAが複製されるのを防止してくれます。
これによって、ウィルスの活動が弱まり、発疹や水ぶくれが次第におさまっていきます。
服用は基本的には医師の処方通りとなりますが、一般的な服用の目安としては、単純疱疹なら大人で1回500mgを1日2回、帯状疱疹は1回1000mgを1日3回、水ぼうそうの場合は1回1000mgを1日3回服用します。
5日くらい飲んでも症状が改善されない場合は、医師と相談が必要です。
これに対し、性器ヘルペスの再発を抑制したいケースでは長期間の服用が基本となります。
なぜなら、いったん感染したヘルペスウィルスは体内にずっととどまり、薬の服用によっても死滅することがないためです。
バルトレックスのによってウィルスの活動を抑え込んで、再発を防止することになります。
服用の目安は1回500mgを1日1回となります。

バルトレックスとは
バルトレックスとは、ヘルペス感染の初期段階に使用される医薬品です。
服用することでヘルペスウィルスの増殖を抑制する効果があるため、早期の治療を見込むことができます。
安全性が高く副作用も少ない人気の医薬品です。